HOME > 新着情報

新着情報

プラスチックごみ問題対策について

この度、日本包装機械は2019年1月18日に経済産業省が設立した「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス」に入会しました。地球環境問題の中でも海洋プラスチックごみを削減するためには、ポイ捨て防止の徹底をはじめとする廃棄物の適正管理に加え、プラスチック製品の3R(リデュース(Reduce)リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つのR(アール)の総称)の取組のより一層の強化にはじまり、生分解性に優れたプラスチック、紙等の代替素材の開発と普及を促進することが重要とされます。

私たちはプラスチック素材のフィルムを扱う包装、物流機械メーカーとしてプラスチックのごみ問題に向き合い、新たな課題に取り組み、環境にやさしいより良い機械づくりと環境にやさしい包装フィルムをご提供できるように取り組んでまいります。

 

経済産業省ウェブサイト
関連URL クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス